第39回研究大会(徳島)研究発表の募集(締切:平成30年2月16日必着)

第39回研究大会(徳島)研究発表を募集いたします
(締切:平成30年2月16日必着)

日本公認会計士協会は、「伝統の上に築くイノベーション~人口減少社会を乗り越える新機軸~」をメインテーマに掲げ、第39回研究大会を徳島県徳島市にて開催します。

日本の人口は約1億2,700万人ですが、そのうち過半数の約6,860万人が東京、大阪、名古屋を中心とする大都市圏に集中し、残りの半数弱が地方都市に拡散しています。
特にここ徳島県では、このような一極集中化とともに少子高齢化の影響をまともに受け、人口は毎年減少し、今や約75万人(全国第44位)となっております。
徳島県では、このような人口減少対策として「サテライトオフィスの誘致」「UIJターンの推進」等の様々な施策を行っていますが、未だその効果は顕著には表れておりません。

このような状況の中、職業会計人である公認会計士としていかに革新的なイノベーション(新機軸)を創り出していくのかが今まさに問われるところであります。
地方都市には大都市圏とは異なる伝統・文化というものがあります。
そして一方ではITの進化によるビジネススタイルの変化があります。
その二つを融合することにより、地方でも、いや地方都市でなければできないビジネスの創造をサポートしていくことが、地方で活躍する公認会計士に求められる使命ではないでしょうか。

ユビキタスによるテレワークの実施、クラウドファンディングによる直接金融等のIT革命と、地方にある伝統・文化の融合から生まれるイノベーション(新機軸)。
その中に公認会計士としての活躍の場を見出し、地方から活躍できる職業会計人をより多く作り出していくことがこれからの我々の課題ではないでしょうか。
新しい公認会計士の姿を創生していきたいものです。

募集する研究発表は、多様なニーズを考慮し、論文発表やパネルディスカッション、特定のテーマについて会場内の出席者も自由に発言できるフリーディスカッションなど形式を問いません。
下記募集要項をご覧いただき、会員・準会員及び一般有志の皆様からの積極的なご応募をお待ちしています。

■研究大会概要■

テーマ: 伝統の上に築くイノベーション
~人口減少社会を乗り越える新機軸~
開催日: 平成30年9月14日(金)
会場: アスティとくしま(徳島県立産業観光交流センター)
徳島県徳島市山城町東浜傍示1番地1

■研究発表募集要領はこちらから■
>>「第39回研究大会研究発表 募集要領」(PDFファイル)

推薦依頼フォーム 社会福祉法人監査に関するお問い合わせフォーム 公会計協議会《社会保障部会》部会員リスト サマースクール2017
日本公認会計士協会 神奈川県会
横浜市中区太田町2-23
横浜メディア・ビジネスセンター6F
TEL:045-681-7151
パスワードが不明の方は、こちらをご利用ください。
メンバーページへのログインついてご不明な方は、事務局にお問い合わせ下さい。
「協会会員メール」が未登録の方へ
神奈川県会からのお知らせ(パスワードを含む)は、協会会員メール宛てに配信されます。
「協会会員メール」が未登録の方は、事前に本部会員マイページより、ご登録ください。
»「協会会員メール」の受信設定はこちら
ご不明な点は事務局へお問合せ下さい。

神奈川県弁護士会